ホーム > > Myoko Pavilion vol.1『落語入門』

Myoko Pavilion vol.1『落語入門』

“エンパクの宮先生”による入門講座と宮治×小辰 二人会をたっぷり3時間!

 

「ご存知でしょうか。いま、世間は落語ブームなのだそうです。とはいっても、多くの人にとって落語は「なんとなく知っているが、よく分からない」ものだと思います。「難しそう」と思っている人もいるかもしれません。そこで、落語をより楽しんでもらうために、解説と実演のセット公演をご用意しました。出演は、爆笑派の宮治さんに本格派の小辰さん。間違いなく面白いお二人です。ご来場お待ちしております!」(宮)

 

  • 出演:桂宮治、入船亭小辰、宮 信明(早稲田大学演劇博物館)
  • 日時:2017年9月24日(日)14時開演
  • 会場:新井総合コミュニティセンター 大会議室(妙高市文化ホール併設)
  • チケット料金[前売・当日とも]:1,000円(全席自由・税込)
  • チケット好評発売中!席数僅少お早めに!
  • 主催:(公財)妙高文化振興事業団
  • 後援:妙高市教育委員会、上越市教育委員会

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。

※上演時間は180分を予定しています。

※未就学児童の入場はご遠慮ください。

・Myoko Pavilion vol.1『落語入門』チラシ 表 /チラシ_裏

                                          

出演者プロフィール

katsura miyaji.jpg

桂 宮治(かつら みやじ)

 

落語家。

公益社団法人落語芸術協会所属。

1976年、東京生まれ。

2008年2月、桂伸治に入門。前座名「宮治」。

2012年3月、二ツ目に昇進。

昇進後たった半年でNHK新人演芸大賞落語部門の大賞を受賞した、サービス精神満点の「爆笑派」。

にっかん飛切落語会最優秀賞など受賞歴多数。

2017年には日本テレビ系日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』に出演。活動の幅を広げている。  桂宮治 公式ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

irifunetei kotatsu.jpg

入船亭 小辰(いりふねてい こたつ)

 

落語家。

一般社団法人落語協会所属。

1983年、東京生まれ。

古今亭右朝、三遊亭白鳥、春風亭一之輔など、多くの優れた落語家を輩出する日本大学芸術学部出身。

2008年2月、入船亭扇辰に入門。

2008年9月、前座となる。前座名「辰じん」。

2012年11月、二ツ目に昇進、「小辰」と 改名。

2017年にはお江戸日本橋亭で「小辰の十三ヶ月」を開催。「古典の本格派」への道を邁進している。 入船亭小辰 公認ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

miya nobuaki.jpg

宮 信明(みや のぶあき)

 

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助教。

1981年、大阪生まれ。

慶應義塾大学文学部卒業。立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。

専門は、幕末から明治期の芸能及び文化。

2016年の秋に開催された展覧会「落語とメディア」(演劇博物館)では企画監修をつとめた。話芸の変遷や社会と芸能の関わりなどについて研究している。