ホーム > > 桂宮治・入船亭小辰 二人会 宮信明セレクションvol.1

桂宮治・入船亭小辰 二人会 宮信明セレクションvol.1

おなじみエンパク(演博)の 宮先生の軽快な落語トークとともに、新時代を担う落語家が強力なラインアップで再び登場!注目の新シリーズ第一弾!終演後に蕎麦を振る舞う『ミニ蕎麦会あり』!“そば”にちなんだトークやネタがあるかも?!

  • 出演:桂宮治、入船亭小辰、宮信明(早稲田大学演劇博物館)
  • 日時:2018年7月15日(日)14時開演(開場13時30分)
  • 会場:新井ふれあい会館 ふれあいホール(新潟県妙高市上町9-1 妙高市文化ホール隣接)
  • 料金:一般1,500円、小学生~高校生500円(全席自由)※未就学児童のご入場はご遠慮ください。 
  • チケット好評発売中!
  • チケット取扱:妙高市文化ホール 0255-72-9411、妙高高原観光案内所 0255-86-3911、上越ショッピングセンターアコーレ サービスカウンター 025-521-2502、ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003 Lコード:32031 ローソン・ミニストップ店頭Loppi
  • 主催・お問い合わせ:(公財)妙高文化振興事業団 TEL:0255-72-9411
  • 後援:妙高市教育委員会、上越市教育委員会

来場者へ向けてのメッセージ

昨年ご好評をいただきました「Myoko Pavilion vol.1 落語入門」、皆様のおかげで今年は7月15日(日)と9月16日(日)の2回、開催できることになりました。第1回の出演者は昨年に続き桂宮治さんと入船亭小辰さん。第2回は春風亭正太郎さんと柳家緑太さん。現在の落語ブームを牽引する芸歴10年前後の若手落語家さんたちです。四者四様の落語で楽しませてくれること間違いなし!落語は初めてという方から、普段よく落語を聴いているという方まで、ぜひ足をお運びください。ご来場お待ちしております!(宮信明)

プロフィール

miyaji_rs.jpg

桂宮治(かつら みやじ)

落語家。公益社団法人落語芸術協会所属。1976年、東京生まれ。2008年2月、桂伸治に入門。前座名「宮治」。2012年3月、二ツ目に昇進。昇進後たった半年でNHK新人演芸大賞落語部門の大賞を受賞した、サービス精神満点の爆笑派。にっかん飛切落語会最優秀賞など受賞歴多数。2017年には日本テレビ系日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』や、TBS系ドキュメントバラエティ『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』などに出演、活躍の幅を広げている。 桂宮治公式ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kotatsu_rs.jpg

入船亭小辰(いりふねてい こたつ)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1983年、東京生まれ。古今亭右朝、三遊亭白鳥、春風亭一之輔など、多くの優れた落語家を輩出する日本大学芸術学部出身。2008年2月、入船亭扇辰に入門。同年9月、前座となる。前座名「辰じん」。2012年11月、二ツ目に昇進、「小辰」と 改名。2017年にはお江戸日本橋亭で「小辰の十三ヶ月」、2018年には日本橋社会教育会館で「小辰の寸法」を開催。「古典の本格派」への道を歩み続けている。

入船亭小辰 公認ブログ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

miya1_rs.jpg

宮信明(みや のぶあき)

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館講師。1981年、大阪生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は、幕末から明治期の芸能および文化。2016年に開催された展覧会「落語とメディア」(演劇博物館)では企画監修をつとめた。話芸の変遷や社会と芸能との関わりなどについて研究している。 早稲田大学演劇博物館

 

 

 

 

 

miya1_miyaji_kotatsu.jpg