ホーム > > 宮信明セレクション落語会2019ラインナップ

宮信明セレクション落語会2019ラインナップ

おなじみ宮先生と現在の落語シーンを牽引する若手による落語会。今年はなんと!3回開催!!!

 一昨年、昨年とご好評をいただきました宮信明セレクションの落語会、今年はなんと! 3回も開催できることになりました。これもご来場くださった皆様のおかげと、出演者一同やる気に満ち溢れております。開催日は7月21日(日)、9月1日(日)、12月15日(日)。1回とは言わず、2回、3回とぜひ続けて足をお運びください。第1回の出演者は桂宮治さんと入船亭小辰さん、第2回は春風亭昇々さんと柳家緑太さん、さらに第3回は春風亭正太郎さん、柳亭市童さん、三遊亭わん丈さんの三人会。いずれも現在の落語シーンを牽引する若手の落語家さんです。落語は初めてという方から、普段よく落語を聴いているという方まで、お楽しみいただけること間違いなし!! ご来場お待ちしております!(宮信明)

 

〈第1回〉桂宮治・入船亭小辰 二人会 宮信明セレクションvol.3

日時:2019年7月21日(日)14時開演

会場:新井総合コミュニティセンター大会議室

入場料:一般1,500円/高校生以下500円(全席自由)

チケット発売:5月12日(日)10時より

 

〈第2回〉春風亭昇々・柳家緑太 二人会 宮信明セレクションvol.4
日時:2019年9月1日(日)14時開演

会場:新井総合コミュニティセンター大会議室

入場料:一般1,500円/高校生以下500円(全席自由)

チケット発売:5月12日(日)10時より

 

〈第3回〉春風亭正太郎・柳亭市童・三遊亭わん丈 年忘れ三人会 宮信明セレクションvol.5

日時:2019年12月15日(日)14時開演

会場:新井ふれあい会館ふれあいホール

入場料:一般2,000円/高校生以下500円(全席自由)

チケット発売:9月1日(日)10時より

 

  • チケット販売所:妙高市文化ホール 0255-72-9411、妙高高原観光案内所 0255-86-3911、上越ショッピングセンターアコーレサービスカウンター 025-521-2502、ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003 Lコード:33729(宮治・小辰)・33746(昇々・緑太)・33762(正太郎・市童・わん丈)
  • 主催:(公財)妙高文化振興事業団
  • 後援:妙高市教育委員会、上越市教育委員会

2019rakugoLINEUP.jpg

宮信明セレクション落語会2019ラインナップ.pdf

 

プロフィール

miyaji_rs.jpg

桂宮治(かつら みやじ)

落語家。公益社団法人落語芸術協会所属。1976年、東京都生まれ。2008年2月、桂伸治に入門。前座名「宮治」。2012年3月、二ツ目に昇進。昇進後たった半年でNHK新人演芸大賞落語部門の大賞を受賞。にっかん飛切落語会最優秀賞、国立演芸場花形演芸大賞銀賞ほか受賞歴多数。古典落語を大胆にアレンジし、落語通をも唸らせる。落語初心者にも楽しく面白い、サービス精神満点の爆笑派。

桂宮治 公式ホームページ

桂宮治 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kotatsu_rs.jpg

入船亭小辰(いりふねてい こたつ)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1983年、東京都生まれ。多くの優れた落語家を輩出する日本大学芸術学部出身。2008年2月、入船亭扇辰に入門。同年9月、前座となる。前座名「辰じん」。2012年11月、二ツ目に昇進。「小辰」と改名。2017年、前橋若手落語家選手権優勝。飄々としながらも、前座ネタから大ネタまで幅広い芸域をもち、若くして将来の名人候補の呼び声も高い古典の本格派。

入船亭小辰 公認ブログ 

入船亭小辰 info Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shoushou_RS2.jpg

春風亭昇々(しゅんぷうてい しょうしょう)

落語家。公益社団法人落語芸術協会所属。1984年、千葉県生まれ。2007年4月、春風亭昇太に入門。前座名「昇々」。2011年4月、二ツ目に昇進。2016年、「千両みかん」「初天神」「誰にでも青春2」「寝坊もの」で渋谷らくご大賞を受賞。テレビやラジオ、ユーチューブなど多方面で活躍。新作から古典まで、独自の昇々落語でヒステリックなまでの笑いを巻き起こす。近年の落語ブームを牽引する狂気のイケメン落語家。

春風亭昇々 オフィシャルウェブサイト

春風亭昇々 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rokuta_rs.jpg

柳家緑太(やなぎや ろくた)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1984年、大分県生まれ。2009年11月、柳家花緑に入門。2010年5月、前座となる。前座名「緑太」。2014年11月、二ツ目に昇進。2018年、北とぴあ若手落語家競演会奨励賞受賞。落語をラップにした「ラップで落語」も好評を博している。端正なルックスと優れたリズム感を持ち、もともとある古典落語の魅力をストレートに伝えつつ、音楽のように心地よい落語を聴かせてくれる。

柳家緑太 ブログ

柳家緑太info Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shoutaro_RS2.jpg

春風亭正太郎(しゅんぷうてい しょうたろう)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1981年、東京都生まれ。2006年4月、春風亭正朝に入門。同年11月、前座となる。前座名「正太郎」。2009年11月、二ツ目に昇進。さがみはら若手落語家選手権優勝、北とぴあ若手落語家競演会大賞受賞など優勝歴・受賞歴多数。耳あたりの良い声と小動物のような愛くるしい表情、派手で陽気ながらも品のある高座で、多くの観客を魅了する実力派。通称「カピバラ王子」。

春風亭正太郎 公式Webサイト

春風亭正太郎 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ichido_RS2.jpg

柳亭市童(りゅうてい いちどう)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1991年、北海道生まれ。2010年2月、柳亭市馬に入門。同年9月、前座となる。前座名「市助」。2015年5月、二ツ目に昇進。「市童」と改名。2018年、「渋谷らくご大賞 おもしろい二つ目賞」を受賞。古典落語を真正面からじっくりと演じ、聴き手をごく自然に噺の世界へと誘う。噺に浸りきれる楽しさのあるその高座は、まさに大師匠小さん、師匠市馬の衣鉢を継ぐ柳家の保守本流。

柳亭市童 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

wanjou_RS2.jpg

三遊亭わん丈(さんゆうてい わんじょう)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1982年、滋賀県生まれ。20歳の頃から約7年間、福岡を中心にバンドのヴォーカルとして活躍。2011年4月、三遊亭円丈に入門。2012年4月、前座となる。前座名「わん丈」。2016年5月、二ツ目に昇進。2017年、さがみはら若手落語家選手権準優勝、NHKラジオ「真夏の話術2017」優勝。古典にも新作にも確かな実力をもつ、滋賀県出身者としては初の江戸落語家。

三遊亭わん丈 オフィシャルウェブサイト

三遊亭わん丈 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

miya1_rs.jpg

宮信明(みや のぶあき)

早稲田大学演劇博物館招聘研究員。1981年、大阪生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は、幕末から明治期の芸能および文化。2016年に開催された展覧会「落語とメディア」では企画監修をつとめた。話芸の変遷や社会と芸能との関わりなどについて研究している。