ホーム > > 妙高和太鼓フェスティバル

妙高和太鼓フェスティバル

春をつげる和太鼓の祭典。特別ゲストに日本海太鼓(柏崎市)がいよいよ登場!

  • 特別ゲスト:日本海太鼓(柏崎市)
  • 日時:2020年3月8日(日)13時30分開演(開場13時)
  • 会場:妙高市文化ホール 大ホール
  • 入場料:無料(全席自由)※入場整理券を配布しています。
  • 入場整理券配布場所:妙高市文化ホール受付窓口
  • 出演団体:景虎太鼓、かなやの里更生園太鼓クラブ遊遊太鼓、@PROJECT(ダンス)、あらいばやし保存会、太鼓塾むかしとんぼ、高橋三弦会、須弥山太鼓保存会
  • 終演後に和太鼓フェスティバル恒例の妙高スイーツが当たる大抽選会あり!今年は「特製マドレーヌ」を抽選でプレゼント!(協力:頚南菓子工業組合・東京堂)

 

《日本海太鼓プロフィール》日本海太鼓は昭和52年、柏崎の新しい郷土芸能として誕生し、43年の歴史をもちます。代表作である「日本海太鼓・春夏秋冬四部作」は、和太鼓の勇壮さに加えて、柏崎の四季折々の情緒を取り入れた郷土色豊かな構成となっています。また、面付け太鼓として知られる日本海太鼓ですが、そこに登場するキャラクターは、すべて柏崎所縁の伝承民話に由来し、曲全体に物語性を与えているのが特徴です。現在に至る活動歴の中では、アメリカ、ギリシャ、中国など海外遠征の経験もあります。現在メンバーは二十名。小学生から六十代までと、年齢も職業もさまざまです。日々の稽古を重ねながら、休日は市内外での各種イベントへの参加、最近は小中学校で人気の“和太鼓体験講座“など、活発な演奏活動を展開しています。

nihonkaidaiko.jpg

 

2019mwf.jpg