ホーム > > 春風亭一蔵・柳亭市弥・入船亭小辰 真打昇進前祝三人会 宮信明セレクションvol.13

春風亭一蔵・柳亭市弥・入船亭小辰 真打昇進前祝三人会 宮信明セレクションvol.13

爆笑トークも好評の宮先生が精選する注目の若手による「間違いなく面白い!」落語会。人気シリーズ第13弾は、9月21日からの真打昇進が決まっている春風亭一蔵さん、柳亭市弥さん、入船亭小辰さんの同期三人会。念願の三人での真打昇進です。さらに、市弥さんは「柳亭小燕枝」、小辰さんは「入船亭扇橋」という大名跡を、それぞれ八代目、十代目として襲名します。真打昇進ならびに襲名の前祝いですので、皆様お誘いあわせの上、ぜひ賑々しくおつめかけください。皆様のご来場、心よりお待ちしております!

 

  • 出演:春風亭一蔵、柳亭市弥、入船亭小辰、宮信明(京都芸術大学准教授)
  • 日時:2022年7月9日(土)14時開演
  • 会場:新井ふれあい会館 ふれあいホール(妙高市文化ホール隣接)
  • 入場料:大人2,000円、高校生以下500円(全席整理番号付き自由席)※未就学児のご入場はご遠慮ください。
  • チケット発売日:5月15日(日)10時より。※電話予約の受付開始は、5月16日(月)より。チケット好評販売中!
  • チケット販売所:妙高市文化ホール 受付窓口 TEL:0255-72-9411 年中無休8:30-17:00 ※お電話でのご予約も受け付けます。
  • 主催・お問い合わせ:(公財)妙高文化振興事業団 TEL:0255-72-9411
  • 今年も3回開催!宮信明セレクション落語会のラインナップ(WEB SITE)(PDF)。
  • 『春風亭一蔵・柳亭市弥・入船亭小辰 真打昇進前祝三人会 宮信明セレクションvol.13』(PDF)。
  • 新型コロナウイルス感染拡大状況など社会情勢の変化により、公演が延期または中止になる場合があります。

 

ichizo・ichiya・kotatsu_3shot2022.jpg

 

 

出演者プロフィール

 

ichizo_cr_2021.jpg

◆春風亭一蔵(しゅんぷうてい いちぞう)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1981年、東京都練馬区出身。2007年8月、春風亭一朝に入門。2008年4月、前座となる。前座名「朝呂久」。2012年11月、二ツ目に昇進。「一蔵」と改名。前橋若手落語家選手権優勝、北とぴあ若手落語家競演会奨励賞受賞など優勝歴・受賞歴多数。「気合い! 根性! ヨイショ!」がモットー。明るくて、パワフルな落語で、聴き手をぐいぐいと笑いの渦へと巻き込んでいく。2022年9月21日より市弥改メ小燕枝、小辰改メ扇橋とともに真打に昇進予定。

 

 

春風亭一蔵 公式Webサイト

春風亭一蔵 Twitter

春風亭一蔵 You Tube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ryutei_ichiya.jpg

◆柳亭市弥(りゅうてい いちや)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1984年、東京都世田谷区出身。2007年12月、柳亭市馬に入門。2008年7月、前座となる。前座名「市也」。2012年11月、二ツ目に昇進。「市弥」と改名。2018年、北とぴあ若手落語家競演会大賞受賞。いささかぶっきらぼうながらも、天性の明るさと親しみやすさで、日本テレビのニュース・情報番組『news every.』のリポーターとしても活躍。2022年9月21日より一蔵、小辰改メ扇橋とともに真打に昇進予定。八代目「柳亭小燕枝」を襲名することが決まっている。

 

 

柳亭市弥 Blog

柳亭市弥 Twitter

柳亭市弥 You Tube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kotatsu_2021.jpg

◆入船亭小辰(いりふねてい こたつ)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1983年、東京都豊島区出身。2008年2月、入船亭扇辰に入門。同年9月、前座となる。前座名「辰じん」。2012年11月、二ツ目に昇進。「小辰」と改名。前橋若手落語家選手権優勝、国立演芸場「花形演芸大賞」銀賞、金賞受賞、北とぴあ若手落語家競演会大賞受賞など優勝歴・受賞歴多数。将来の名人候補との呼び声も高い古典の本格派。2022年9月21日より一蔵、市弥改メ小燕枝とともに真打に昇進予定。十代目「入船亭扇橋」を襲名することが決まっている。

 

入船亭小辰 Blog

入船亭小辰 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

miyanobuaki2020.jpg

◆宮信明(みや のぶあき)

京都芸術大学准教授。1981年、大阪府大阪市出身。慶應義塾大学文学部卒業。立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。早稲田大学演劇博物館助手、助教、講師を経て現職。専門は、幕末から明治期の芸能及び文化。2016年に開催された展覧会「落語とメディア」では企画監修をつとめた。著書に『昭和の落語名人列伝』(淡交社、2019年)ほか。話芸の変遷や社会と芸能との関わりなどについて研究している。

 

 

 

 

 

 

2022_ichizo.ichiya.kotatsu.jpg

 

 

宮信明セレクション落語会では、観客の皆様や関係者の安全のため、国および新潟県、妙高市の方針及び(公社)全国公立文化施設協会による新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインをふまえて、新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みを以下の通り行っております。 

 

◆お客様へのお願い

・37.5度以上の発熱や咳、咽頭痛等の症状のある方は入場できません。その場合、チケットは払い戻しいたします。

・マスクの着用、手洗い、手指消毒の徹底と、社会的距離の確保をお願いします。

・会場内でのお客様同士の大声での会話はお控えください。

・出演者へのプレゼント、差し入れ、出入り待ち、楽屋訪問はお断りいたします。

 

・今公演は整理番号付き自由席です。整理番号順でご案内いたしますので開場時に並ぶことはお控えいただき、密にならないようソーシャルディスタンスを保ってください。

・新型コロナウイルス感染者が発生した場合に備え、来場者の連絡先(氏名・電話番号)をご提供いただきます。

 ※ご提供いただいた個人情報は、保健所等の公的機関への情報提供以外の目的には利用いたしません。

・スタッフによる入場時のチケットテイクは行いません。

 スタッフが目視で確認いたしますので、お客様ご自身でモギっていただき、指定の箱にお入れください。

 

◆会場での準備・お客様に向けた取り組み

・出演者の直近2週間の行動履歴を把握の上、移動直前の抗原検査の結果が陰性であることを確認します。

・出演者は移動中を含め、本番中と飲食時以外はマスクを着用しています。

・高座から客席最前列と、客席と客席の距離は適切な間隔をとって配置いたします。

・スタッフは毎日検温を行い、手指消毒を徹底しています。

・スタッフはマスクを常に着用します。

・館内各所にアルコール消毒液を設置しています。

・館内の手を触れやすい箇所(手すり、ドアノブ、イス、机など)はアルコール消毒を行っています。

・館内は常時換気を行っておりますが、開場時や休憩中は会場の扉を開放して換気を強化いたします。

 

◆社会情勢の変化により、公演を延期または中止する場合があります。

 最新情報は妙高市文化ホール公式ウェブサイトにてお知らせいたします。ご来場前に必ずご確認ください。