ホーム > > ワンコインコンサート2022特別編「歌謡名曲ステージ」

ワンコインコンサート2022特別編「歌謡名曲ステージ」

昨年ご好評をいただいた「昭和歌謡ステージ」をバージョンアップ!懐かしくもあり、新しくもある昭和歌謡&ポップスを中心に、世代を超えて愛される名曲の数々をたっぷりお楽しみいただくカバーコンサートです。 出演は、昨年に引き続きCacis(Pf.佐藤和音/Vo.延澤汐美)&サポートメンバー(E.Ba.若井奏一朗/Drs.田中史歩)のお2人と、出雲崎町出身・在住のシンガーソングライター・Mondeoさんのです。

  • 日時=8月21日(日)14時開演
  • 会場=新井ふれあい会館 ふれあいホール
  • 入場料=500円(全席自由・消費税込)

 

歌謡名曲ステージ_チラシ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

 

Cacis_サイズ軽.jpg

Cacis(カシス)

国際音楽・ダンス・エンタテイメント専門学校の先輩・後輩にあたる佐藤和音(さとうかずね=ピアノ)、延澤汐美(のべさわしほみ=ボーカル)の両名により、2007年9月に結成。ライブハウス・カフェ・パーティー・保育園などを中心に、オリジナル曲・カバー曲を交え、様々な場所で活動を展開。自称『地元密着型ユニット』。2008年8月、YAMAHA主催のThe 2nd Music Revolution 東京セミファイナル進出。2009年12月、自身初となる主催イベント『ボクラノコエvol.3』を敢行。2010年10月、「第6回古町音楽祭」にてグランプリ受賞。2011年10月、株式会社サンウッドビーピーCM曲に起用。2017年10月、新潟市江南区誕生10周年記念歌「ふるさと江南区」作詞・作曲。

 

 

若井奏一朗_レベル修正_トリミング.jpg

若井奏一朗(わかい そういちろう) / ベース 

1988(昭和63)年12月2日生まれ。17歳で高校の仲間たちとバンドを組み、ベースを始める。高校卒業後は国際音楽エンタテイメント専門学校に入学し、現在は同学校にて非常勤でベース講師を務めながら新潟で活動するバンドやアーティストのLIVEやレコーディングにベーシストとして参加している。

【活動】長岡ご当地アイドル Y.O.Y「VOICE OF START」レコーディング参加/長野県出身作曲家 トミタカズキ「home」4曲レコーディング参加/長岡出身シンガーソングライター 枝村究「3rd目の正直」2曲レコーディング参加

 

 

 

 

 

田中史歩_トリミング.jpg

田中史歩(たなか しほ)/ ドラムス

1980(昭和55)年5 月5 日生まれ。16 歳で高校の吹奏楽部に入部し、ドラムを始める。新潟LOTS での自主企画LIVE イベント「Promised Land」では609 名の集客をする。現在は国際音楽・ダンス・エンタテイメント専門学校でドラム講師を勤めながら、新潟で活動するアーティストのサポートドラムとしてLIVE やレコーディングに参加している。

【活動】カナデフウビ アルバム「Wonderful World」2 曲ドラムレコーディング参加、mini アルバム「gradation」全6 曲ドラムレコーディング参加、mini アルバム「キセキ」全6 曲ドラムレコーディング参加/現RYUTist 横山実郁(ソロ時代)mini アルバム「鮫とゾンビ」2 曲ドラムレコーディング参加/Cacis mini アルバム「mono-tone」1曲ドラムレコーディング参加、アルバム「Special Thanks」1曲ドラムレコーディング参加

 

 

Mondeo写真_リサイズ.JPG

【Mondeo】

新潟県は中越地方、人口五千小さな港町・出雲崎町出身、在住のシンガーソングライター。新潟県をテーマに制作したご当地ソングを筆頭に、歌謡曲、演歌、フォーク、ロック、ヒップホップなど幅広いジャンルから影響を受けた楽曲を「こぶし」を回した歌唱法と、物語調の歌詞で表現する。