ホーム > > 「景虎」と「妙高山」を歌う!演奏会

「景虎」と「妙高山」を歌う!演奏会

平成30年に初演した「オペラ『景虎―海に消えし夢』」を基に創られた「混声合唱組曲『景虎海に消えし夢』」の初演演奏会を開催します。

  • 日時=12月18日(日)14時開演
  • 会場=妙高市文化ホール 大ホール
  • 入場料=一般1,000円/高校生以下500円(全席自由)

 ※チケット発売=10月15日(土)より

 注)未就学児の入場は出来ません。保育ルームを設置しますので、希望される方は公演1週間前までにお申し込みください。

 

プログラム

【第1部】混声合唱組曲「妙高山」

      作詩=国見修二 / 作曲=大熊崇子

  1. 山よ
  2. 雪蛍
  3. 巡り会い
「混声合唱組曲『妙高山』」は、上越妙高地域のシンボルであり、ここに住む者にとって心の拠り所でもある「妙高山」を謳った合唱組曲で、「広域市町村圏における独創的な地域価値の創造」を目指した取り組みとして、平成6年から19年にかけて新潟県が行った「ニューにいがた里創プラン」の中で作られ平成16年に初演されました。

妙高市在住の詩人・国見修二さんの詩に、多くの合唱作品を手がけられている作曲家で、ご自身も中学校3年間を上越市で過ごされた大熊崇子さんが作曲して、生まれた組曲です。

  • 指揮=上野正人
  • ピアノ=丸田芙美子
  • 合唱=「景虎」と「妙高山」を歌う!合唱団

 

【第2部】「景虎」トークセッション

「混声合唱組曲『景虎海に消えし夢』」の初演に先立ち、作曲者、指揮者、そして景虎の菩提寺ご住職から、「景虎」についての想いなどをお話しいただきます。
 
 《出演予定》
  • 根本卓也 オペラ「景虎海に消えし夢」、混声合唱組曲「景虎海に消えし夢」作曲者)
  • 飯坂 純 (オペラ「景虎海に消えし夢」、混声合唱組曲「景虎海に消えし夢」初演指揮者)
  • 浅山 景 氏勝福寺[上杉三郎景虎の菩提寺]住職)

 

【第3部】混声合唱組曲「景虎―海に消えし夢―」

      作詞=江尻裕彦・根本卓也 / 作曲=根本卓也

  1. この海は、荒れ狂う波は
  2. 待ちに待った春が来た
  3. あなたは二度と
  4. 門を開けよ?武器を取れ
  5. 越後の雪は?歌にもしよう
「混声合唱組曲『景虎―海に消えし夢―』」は、平成30年に妙高市文化ホールの開館35周年記念事業として、ここ妙高の地でその短い生涯を閉じた悲劇の戦国武将「上杉三郎景虎」を題材に創られ世界初演した「オペラ『景虎―海に消えし夢―』」から合唱曲を4曲抜粋し、ソリストや児童合唱部分を混声合唱のみで歌えるように編曲、さらに新曲を1曲追加して構成した合唱組曲です。
この組曲の作詞・作編曲も、同オペラの台本・作曲を手がけた江尻裕彦さん、根本卓也さんのお二人が行っています。
  • 指揮=飯坂 純
  • ピアノ=石野真穂
  • 合唱=「景虎」と「妙高山」を歌う!合唱団

 

景虎と妙高山を歌う!公演チラシ_表面.jpg

景虎と妙高山を歌う!公演チラシ_裏面.jpg