ホーム > > 須川展也サクソフォン・リサイタル

須川展也サクソフォン・リサイタル

令和4年3月に開催を予定しておりましたが、折からのコロナ禍により公演を延期しておりました「地域住民のためのコンサート」(「三井住友海上文化財団 ときめくひととき」公演)【須川展也サクソフォン・リサイタル アンサンブルで綴る銀河鉄道の夜ー】を開催します。

第1部は、日本が世界に誇るクラシカル・サクソフォン奏者・須川展也さんのソロステージ。第2部は、宮澤賢治の名作「銀河鉄道の夜」を、サクソフォン・アンサンブルとピアノのサウンドに小柳美奈子さん(上越市出身)の語りをのせてお届けします。温かなハーモニーと、本をめくるときのようなワクワクする気持ちをお楽しみください。

  • 日時=令和6年3月3日(日)14時開演
  • 会場=妙高市文化ホール 大ホール
  • 入場料=小・中学生500円/一般1,000円(消費税込・全席自由)

 チケット好評発売中!!

 

【本公演は、(公財)三井住友海上文化財団の助成により特別料金に設定しています/未就学児の入場はできません/前売券が完売の場合、当日券の販売はありません】

※保育ルームを設置します。希望される方は、公演1週間前までに妙高市文化ホールへお申し込みください。

 

開場後(13:30から)、新井中学校吹奏楽部との共演によるプレコンサートを行います!

※飛び入り企画!プレコンサートで「宝島」を須川さんと共演してみませんか!?

●プレコンサートで新井中学校吹奏楽部に加わり、須川展也さんほか出演者の皆さんと吹奏楽の人気曲「宝島」を演奏してみませんか!? ●参加を希望される方は、あらかじめ妙高市文化ホールへ「お名前・楽器パート・連絡先(電話番号とメールアドレス)」をご連絡ください。《妙高市文化ホール=tel 0255-72-9411/fax 0255-72-9412/e-mail info@myoko-bunka.jp》 ●演奏に使用する楽譜は、「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」(ヤマハミュージックメディア刊)の「宝島」(作曲:和泉宏隆/編曲:真島俊夫)です。

楽譜は参加者各自でご用意ください。 ぷりんと楽譜で全パート譜が 配信されています。

・自分でダウンロード購入して印刷する場合:220円

・コンビニのマルチコピー機で購入・印刷する場合:240円

※いずれもA4サイズ1枚・税込みの金額です。パートにより2ページ以上になる場合は金額が変わります。

 

 

 

須川展也サクソフォンリサイタルポスター.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

 

須川展也氏_トリミング_2023.jpg

須川展也(サクソフォン)

Nobuya Sugawa, Saxophone

 

日本が世界に誇るクラシカル・サクソフォン奏者。長きにわたり、現代の名だたる作曲家への委嘱を継続。国際的に広まっている楽曲が多くり、クラシカル・サクソフォンの領域への貢献は計り知れない。国内外の著名オーケストラと多数共演。ウィーンのムジークフェラインをはじめ30ヶ国以上で公演やマスタークラスを行う。東京藝術大学卒業。第51回日本音楽コンクール、第1回日本管打楽器コンクール最高位受賞。02年NHK連続テレビ小説「さくら」テーマ曲演奏。最新CDは自身初の無伴奏作品となる「バッハ・シークェンス」(令和2年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞受賞)。89-10年まで東京佼成ウインドオーケストラ・コンサートマスター、07-20年までヤマハ吹奏楽団常任指揮者を務める。トルヴェール・クヮルテットのメンバー、東京藝大招聘教授、京都市立芸大客員教授。
 
 
 
 
小柳美奈子氏トリミング_2023.jpg
小柳美奈子(ピアノ)
Minako Koyanagi, Piano
 
東京藝術大学卒業。伴奏のイメージを変えてしまう、アンサンブル・ピアニスト。様々な奏者の呼吸の機微を読み取り、それに寄り添うしなやかな感性を数多くのリサイタル、レコーディングで発揮。吉松隆「サイバーバード協奏曲」の準ソリストとしてフィルハーモニア管とも共演。パーカッションの山口多嘉子とのデュオ「パ・ドゥ・シャ」で、吉松隆氏の作品を収めたCDを発表。欧州やアジア諸国での演奏も多く、いずれも高い評価を集めている。須川展也、トルヴェール・クヮルテットの共演者としてのキャリアも長く、多くの録音に参加。トリオ「YaS-375」メンバー。ピアノを安川加寿子、梅谷進、秦はるひ、今井正代、長谷川玲子、本村久子の各氏に師事。
 
 
 
 
山田忠臣氏_トリミング.jpg

山田忠臣(サクソフォ

Tadaomi Yamada, Saxophone

 
東京音楽大学付属高校から東京藝術大学へ進み、平成9、10、11年度室内楽定期に出演。第19回日本管打楽器コンクール第3位受賞。Trio YaS-375、Saxaccordでの室内楽の他、オーケストラアンサンブル金沢、群馬交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラなどの公演や録音に度々参加している。
 
 
 
 
 
 
 
 
國末貞仁氏_トリミング.jpg
國末貞仁(サクソフォン)
Sadahito Kunisue, Saxophone
 
香川県高松市出身。東京芸術大学卒業、同大学院修了。第22回日本管打楽器コンクール第3位入賞。2018年には2nd CD「CROSS」をリリース、その他数多くのCD録音に参加。現在、Quatuor B、Trio YaS-375など様々なグループのメンバーとして活動中。京都市立芸術大学および洗足学園音楽大学非常勤講師。高松市観光大使。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
福井健太氏_トリミング.jpg
福井健太(サクソフォン)
Kenta Fukui, Saxophone
 
浜松市出身。B to E (バロックから演歌まで)をモットーにあらゆるシーンで活躍中。様々な著名アーティストとのステージの他、指導者としての評価も高い。吹奏楽団「BRASS EXCEED TOKYO」コンサートマスター。音楽プロデューサーとして様々なアーティストの公演やCDの作編曲を手がけ「必要な音や音楽を必要なところへ」と意欲的に活動中。東京藝術大学卒業。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神保佳祐氏_トリミング.jpg
神保佳祐(サクソフォン)
Keisuke Jimbo, Saxophone
 
群馬県出身。昭和音楽大学卒業、同大学音楽専攻科修了。東京芸術劇場による「芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー」第一期生として在籍し研鑽を積む。現在はアンサンブルの分野での活動を中心に在京のオーケストラ、吹奏楽の公演や録音に数多く出演している。CIRCLE A SAX、Saxaccord、トルヴェール・クヮルテットのメンバー。昭和音楽大学・同短期大学非常勤講師。