ホーム > 自主事業

自主事業

Myoko Pavilion vol.2『コンテンポラリーダンス入門』

コンテンポラリーダンス入門講座×レクチャー・パフォーマンス

コンテンポラリーダンスは、1980年代以降にフランスを一つの中心地として世界的に拡散していった新たな時代の身体表現です。「コンテンポラリーダンスって何?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、ぜひどんなものか試しに見にきてみてください。コンテンポラリー(同時代の/現代の)という言葉が示すように、コンテンポラリーダンスは同時代の美術や音楽、思想やテクノロジーと交わりながら、現代の身体の表現の可能性を探求しているきわめて野心的な芸術だと言えます。この講座では、コンテンポラリーダンスの貴重な映像を見ながら、その多様で魅力的な表現の世界をご紹介したいと思います。

また、今回の講座には伊藤キムさんという素晴らしい舞踊家をゲストとしてお迎えすることができました。伊藤キムさんは、コンテンポラリーダンスの登竜門であるフランス・バニョレ国際振付コンクールで受賞して以来、国際的にも注目を集め、日本のコンテンポラリーダンスのシーンを牽引されてきました。伊藤キムさんには実践者の立場から、お話とダンスのデモンストレーションを行って頂きます。きっとご来場されるみなさまの身体に響く体験になると思います。この貴重な機会をぜひ目撃しに来てください(越智)。

 

  • 出演:伊藤キム(フィジカルシアターカンパニーGERO主宰)、越智雄磨(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)
  • 日時:2017年11月12日(日)14時開演
  • 会場:妙高市文化ホール 大ホール舞台
  • チケット料金[前売・当日とも]:1,000円(全席自由・税込)
  • チケット発売開始日:9月2日(土)10時より一斉前売開始!
  • 主催:(公財)妙高文化振興事業団
  • 後援:妙高市教育委員会、上越市教育委員会

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。

※上演時間は約195分を予定しています。

※未就学児童の入場はご遠慮ください。

  • プレイガイド
  • 妙高市文化ホール 0255-72-9411(8:30-17:15)
  • 妙高高原メッセ 0255-70-2275(8:30-17:30)
  • 上越ショッピングセンターアコーレ サービスカウンター 025-521-2502(10:00-20:00)
  • ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003(Lコード:34584)ローソン・ミニストップ店頭Loppi

[参加者募集!] 関連企画『伊藤キムによるコンテンポラリーダンス・ワークショップ「カラダで遊んでみよう」』(10月8日開催)詳細はこちらから。

 

・Myoko Pavilion vol.2『コンテンポラリーダンス入門』チラシ表.pdfチラシ裏.pdf

出演者プロフィール

itoh kim.jpg

伊藤キム(いとう  きむ)ダンサー・振付家

 

フィジカルシアターカンパニーGERO主宰

87年、舞踏家・古川あんずに師事。95年「伊藤キム+輝く未来」を結成。96年バニョレ国際振付賞、02年第一回朝日舞台芸術賞・寺山修司賞。05?06年にバックパックを背負って半年間の世界一周の旅に出る。11年「輝く未来」を解散。13年京都・本能寺創建600年の記念イベント『本能寺のD』で演出・振付・出演、国内外をツアー。14年六本木アートナイト2014パレードの監修。小中高生へのワークショップや振付、おやじが踊って給仕する「おやじカフェ」のプロデュースを国内外で行う。京都造形芸術大学客員教授。青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。2015年、新カンパニーGEROを結成して10年ぶりに創作活動を再開。17年、長野での北アルプス国際芸術祭に出演。

 

フィジカルシアターカンパニーGERO 公式サイト

©竹田岳

 

 

 

 

ochi yuma_rs.jpg

越智雄磨(おち  ゆうま)1981-

 

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館招聘研究員。日本学術振興会特別研究員、パリ第 8 大学客員研究員を経て現職。専門はフランスを中心としたコンテンポラリーダンスに関する歴史、文化政策、美学研究。早稲田大学演劇博物館および横浜赤レンガ倉庫において開催されたコンテンポラリーダンスに関する展覧会「Who Dance? 振付のアクチュアリティ」(2015-2017)のキュレーションを担当。


詳細はこちら

妙高夏の音楽祭

妙高ヴァイオリン教室受講生やその仲間たちが4月から練習してきた練習の成果を発表します。

お気軽にご来場ください。

妙高春の音楽祭2017.jpg


詳細はこちら

ワンコインコンサート第4弾! 牧田由起ヴァイオリンコンサート

ワンコインコンサート “けやきの森の音楽館” 第4弾!

牧田由起(ヴァイオリン)&池田延弘(ギター)

 

牧田由起プロフィール

 4歳よりヴァイオリンを始め、桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。
全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門東京大会小学校の部第3位、東京大会中学校の部第2位。
第10回日本モーツァルト音楽コンクール奨励賞。
国際モーツァルト派遣者選考演奏会2001優勝。
これまでに高橋良之、重本佳美、故 久保田良作、勅使河原真実、辰巳明子の各氏に師事。
大阪センチュリー交響楽団と共演。
新潟市、上越市にてリサイタルを開催するほか、各地でのコンサートに出演。
現在、上越市に在住し演奏活動を行っている。
妙高ヴァイオリン教室講師。
 
  • 日時=9月5日(火)19時開演
  • 会場=妙高市文化ホール ホワイエB
  • 入場料=500円

ワンコインコンサート_チェンバロ&フルートチラシ.jpg


詳細はこちら

Myoko Pavilion vol.1『落語入門』

“エンパクの宮先生”による入門講座と宮治×小辰 二人会をたっぷり3時間!

 

「ご存知でしょうか。いま、世間は落語ブームなのだそうです。とはいっても、多くの人にとって落語は「なんとなく知っているが、よく分からない」ものだと思います。「難しそう」と思っている人もいるかもしれません。そこで、落語をより楽しんでもらうために、解説と実演のセット公演をご用意しました。出演は、爆笑派の宮治さんに本格派の小辰さん。間違いなく面白いお二人です。ご来場お待ちしております!」(宮)

 

  • 出演:桂宮治、入船亭小辰、宮 信明(早稲田大学演劇博物館)
  • 日時:2017年9月24日(日)14時開演
  • 会場:新井総合コミュニティセンター 大会議室(妙高市文化ホール併設)
  • チケット料金[前売・当日とも]:1,000円(全席自由・税込)
  • チケット好評発売中!席数僅少お早めに!
  • 主催:(公財)妙高文化振興事業団
  • 後援:妙高市教育委員会、上越市教育委員会

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前です。

※上演時間は180分を予定しています。

※未就学児童の入場はご遠慮ください。

・Myoko Pavilion vol.1『落語入門』チラシ 表 /チラシ_裏

                                          

出演者プロフィール

katsura miyaji.jpg

桂 宮治(かつら みやじ)

 

落語家。

公益社団法人落語芸術協会所属。

1976年、東京生まれ。

2008年2月、桂伸治に入門。前座名「宮治」。

2012年3月、二ツ目に昇進。

昇進後たった半年でNHK新人演芸大賞落語部門の大賞を受賞した、サービス精神満点の「爆笑派」。

にっかん飛切落語会最優秀賞など受賞歴多数。

2017年には日本テレビ系日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』に出演。活動の幅を広げている。  桂宮治 公式ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

irifunetei kotatsu.jpg

入船亭 小辰(いりふねてい こたつ)

 

落語家。

一般社団法人落語協会所属。

1983年、東京生まれ。

古今亭右朝、三遊亭白鳥、春風亭一之輔など、多くの優れた落語家を輩出する日本大学芸術学部出身。

2008年2月、入船亭扇辰に入門。

2008年9月、前座となる。前座名「辰じん」。

2012年11月、二ツ目に昇進、「小辰」と 改名。

2017年にはお江戸日本橋亭で「小辰の十三ヶ月」を開催。「古典の本格派」への道を邁進している。 入船亭小辰 公認ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

miya nobuaki.jpg

宮 信明(みや のぶあき)

 

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助教。

1981年、大阪生まれ。

慶應義塾大学文学部卒業。立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。

専門は、幕末から明治期の芸能及び文化。

2016年の秋に開催された展覧会「落語とメディア」(演劇博物館)では企画監修をつとめた。話芸の変遷や社会と芸能の関わりなどについて研究している。


詳細はこちら

劇団 空志童 劇団員募集中!

劇団 空志童( げきだん ソラシド )
 
劇団紹介 
妙高市出身の劇作家 清水邦夫さんを中心としたワークショップ「清水邦夫とあなたがつくる演劇学校」のメンバーを中心に
2002年妙高市文化ホール付の演劇ユニットとして発足。
ほぼすべてがオリジナル台本による公演で、当初よりフリーエチュードによる物語づくりとインプロの技法を取り
入れた自然で活きの良い舞台、そして、何よりも子供から大人まで参加できるアットホームな芝居づくりを目指しています。
これまでに新井有線放送の落語朗読劇「空志童劇場」の収録や長岡リリックホールで開催される「シアターゴーイング」に参加
する等幅広く活動を展開してきました。
現在は、妙高市文化ホールの妙高演劇フェスティバルを中心に年一回の公演を続けています。
 
練習日時
毎週土曜日の13:30?16:30を基本としています。
(状況により変則的になります。詳しくはお問い合わせください。)
 
練習場所
 妙高市文化ホール 練習室・舞台
 
参加資格 
どなたでも自由に参加いただけます。(市外の方も大歓迎)
一緒に芝居づくりを楽しみ、舞台で輝きましょう! 
 
参加費
大人500円/月・高校生以下250円/月
 
HP劇団員募集中!.jpgのサムネール画像
 
劇団空志童公演写真(ブログ用).jpg

詳細はこちら

けやきの森ジュニア&ユース合唱団 団員大募集!

妙高市文化ホールでは「けやきの森ジュニア&ユース合唱団」の団員を募集しています!学校には合唱クラブがないけど合唱をしてみたい!色んな友だちと歌を歌いたい!など、歌や合唱に興味のある皆さんの参加を待ってます!!

「けやきの森ジュニア&ユース合唱団」は「地域型音楽クラブ」を目指した取り組みとして、平成17年より「ジュニア合唱クラブ」として活動を始めました。平成22年4月より活動の幅を広げるべく「けやきの森ジュニア合唱団」として新たな活動を開始しました。今回、団員の参加条件を広げ、名称を「けやきの森ジュニア&ユース合唱団」といたしました。

 地域や年齢の枠を超え、楽しく活動しています。歌や合唱に興味のある皆さんの参加を待ってます!!

 

対象者:小学校1年生~高校3年生の児童・生徒(妙高市以外の方でも参加出来ます)

      ※大学生、専門学校生などの参加希望がありましたらご相談ください。

練習日:毎月3回、土曜日の午後2時から4時 (日程は指導の先生と相談して決定)

会 場:妙高市文化ホール 舞台、新井総合コミュニティセンター 大会議室 など

指導者:上野正人さん(上越教育大学准教授) 

参加費:ひとり1ヵ月1,000円 (月の第1回目の練習日に集めます)

その他:演奏会ではユニフォームを着用しますが、ユニフォーム代として7,000円が

     必要になります。 また、保護者で作る「保護者会」の会費500円(月額)を

     別に集金させていただきます。

けやきの森ジュニア合唱団&ユース合唱団 参加申込書.pdf

 

KJYC_boshupicrs.jpg

 

「けやきの森ジュニア合唱団スプリングコンサート2013」の演奏より

オープニング:この歌を

 

ロビーコール:あすという日が


詳細はこちら