ホーム > 自主事業

自主事業

MYOKO SKOOL -ダンス・オブ・アウトサイダーズ- 越智雄磨セレクションvol.1

『Myoko Pavilion vol.2 コンテンポラリーダンス入門』(2017)待望の続編企画。気鋭・越智雄磨と鬼才・長谷川寧が、ロマンティックバレエからストリートダンスまで、さらには大胆な空間演出による創造的なヴィジュアル表現を特徴とする冨士山アネットの作品をケーススタディとして、講座と対談とパフォーマンスを通して縦横無尽にダンスの魅力に迫ります!

  • 出演:越智雄磨、長谷川寧、[AOD. MYOKO CREW] 茜澤茜、大津歩未、大橋朱里、小島鈴歌、酒井武、シャオリン、chan、徳永俊太、永瀬安美、前山碧生、宮崎優杏、森歩夢
  • 日時:2018年11月18日(日)14時開演(13時30分開場)
  • 会場:妙高市文化ホール 大ホール舞台
  • 入場料:一般1,500円、小中高生500円(前売当日共/全席自由)※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
  • チケット発売日:8月11日(土)10時  ※チケット好評発売中!
  • チケット取扱い:妙高市文化ホール 0255-72-9411、妙高高原観光案内所 0255-86-3911、上越ショッピングセンターアコーレ サービスカウンター 025-521-2502、ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003 Lコード:31350 ローソン・ミニストップ店頭Loppi
  • 主催・お問い合わせ:(公財)妙高文化振興事業団 TEL:0255-72-9411
  • 後援:妙高市教育委員会、上越市教育委員会
  • MYOKO SKOOL_チラシ表.pdf MYOKO SKOOL_チラシ裏.pdf

 

プログラム

  • 越智雄磨&長谷川寧 ダンス講座・対談「他者との遭遇」
  • A.O.D. MYOKO CREW「Attack On Dance. MYOKO demo ver.」上演

越智雄磨 メッセージ

ダンスの歴史は、「他者」との遭遇を通して展開したと言っても過言ではありません。 19世紀ロマンティック・バレエの作品『ラ・シルフィード』では、日常と隔絶した異世界に住む精霊=「他者」との遭遇が物語の重要な核となります。20世紀のモダンダンスの踊り手は、自身の精神的内面、いわば自己の中に住まう「他者」との遭遇を踊りで表現していました。21世紀のコンテンポラリーダンスは、バレエやモダンダンスなど劇場舞踊の歴史を根幹に持ちながら、劇場外部の「他者」の表現であったストリートダンスをも取りこみ、その表現の可能性をますます広げています。今回の講座では、こうした様々な「他者」との遭遇を軸としたダンスの歴史についてお話したいと思います。

 

 また今回は、「アウトサイダー=他者」の立場から様々なジャンルのダンサーとの出会いに基づいて創作を行う演出家・パフォーマーの長谷川寧さんをお招きし、妙高市のダンス愛好者たちが出演する『Attack On Dance』妙高版を上演してもらいます。長谷川寧さんという「他者」と妙高市のみなさまとの遭遇が、未知のダンス作品を生み出す瞬間をぜひ目撃しにきてください。(越智雄磨)

長谷川寧 メッセージ

Attack On Danceは国内外、現地キャストで上演を繰返して来たけれども、どの場所でも同じ内容にならない。これが飽き性の自分が上演を続けて来れた一番の理由だ。

 

今夏初めて妙高に足を運び、その中で様々なダンサーに出会った。

この街にこんなヴァリエーション豊富なダンサー達が居るなんて。

本作品の成功はあくまで出演者個人の素材に依る所が大きい。

あとはもう、彼らの旨味を引き出すだけ。

 

そしてここが重要な話。

これをただのダンス公演だと思ってはいけない。

これはダンスで、演劇で、パフォーマンスだ。

そしてこの中に出てくるダンスにまつわる言葉をあなたの職業に置換えてみよう。あなたにとって切実な問いが並ぶだろう。

 

いいですか?

私が話しているのは、ダンスの話ではなくて、あなたの話なんです。(長谷川寧)

 

プロフィール

yuma ochi.jpg

 

越智雄磨(Yuma Ochi)

1981年生まれ。早稲田大学坪内博士記念演劇博物館招聘研究員。日本学術振興会特別研究員、パリ第 8 大学客員研究員を経て現職。専門はフランスを中心としたコンテンポラリーダンスに関する歴史、文化政策、美学研究。早稲田大学演劇博物館および横浜赤レンガ倉庫において開催されたコンテンポラリーダンスに関する展覧会「Who Dance? 振付のアクチュアリティ」(2015-2017)のキュレーションを担当。

 

 

 

 

 

 

 

 

Ney-HASEGAWA.jpg

 

 

長谷川寧(Ney Hasegawa)

作家・演出家・振付家・パフォーマー。「冨士山アネット」(フジヤマアネット)代表。近年では、「擬・ジャンル」をテーマに、様々なジャンルとのコラボレーションを行う。演出家として舞台[死刑執行中脱獄進行中](原作:荒木飛呂彦 主演・共同振付:森山未來)、オペラ[歌劇BLACKJACK](原作:手塚治虫 音楽:宮川彬良)、SCRAPリアル脱出ゲーム[アンドロイド工場からの脱出](共同演出)を手掛ける他、振付家としてフジファブリック、bonobos、EGO-WRAPPIN’、DEAN FUJIOKA等のMVやライブ、映画[海月姫]、TV「緊急生放送!山田孝之の元気を送るテレビ」CM「SoftBank」等映像作品も多数。代表作[Attack On Dance]では北京・サンパウロ・横浜での滞在制作等、国内外問わず精力的に活動中。

http://fannette.net/

 

 

 

 

 

MYOKO-SKOOL_omote.jpg


詳細はこちら

オペラ「景虎ー海に消えし夢ー」

妙高市文化ホール開館35周年記念事業として、妙高市の鮫ヶ尾城で自刃した悲劇の戦国武将「景虎」を題材とした市民参加の創作オペラ「景虎ー海に消えし夢ー」を12月9日に世界初演いたします。オペラ「白狐」日本語版に続く、妙高発の創作オペラ第2弾です。皆様、是非ご来場ください!!

  • 日時:平成30年12月9日(日)14時開演
  • 会場:妙高市文化ホール 大ホール
  • 入場料:一般2,000円/高校生以下1,000円(全席自由・消費税込)

 ※未就学児の入場はできません。保育ルームを設置しますので、希望される方は公演1週間前までにお申し込みください。

  チケット好評発売中!! 

 

景虎ポスター_最終版.jpg

 

オペラ景虎に関する情報をオフィシャルFacebookでご覧ください!

オペラ景虎|Facebook ← クリックしてね!景虎くん.jpg

 

作曲=根本卓也氏  http://nemototakuya.info   台本※共同執筆=根本卓也氏、江尻裕彦氏

 

景虎と鮫ヶ尾城については、こちらをご覧ください。

http://www.city.myoko.niigata.jp/intropark/535.html


詳細はこちら