ホーム > ピックアプス

ピックアプス

劇団四季ファミリーミュージカル 残席情報

11/6(土)に開催する劇団四季ファミリーミュージカル『はじまりの樹の神話』の、妙高市と上越市での販売分の残席情報をお知らせいたします。(情報は、毎週水曜日に更新します)

※10/13更新

  • SS席 終了しました。
  • S席 こちらをご覧ください。

 ※各プレイガイドの連絡先はこちらです。

 

上記のプレイガイドの他に、セブンイレブン、劇団四季のホームページからも購入いただけます。 ※取り扱っている座席は妙高市、上越市販売分とは異なります。

  • セブン-イレブン(セブンチケット/セブンコード:090-863)
  • SHIKI ON-LINE(インターネット予約・24時間受付)「489444(ヨヤクシヨーヨ)」で検索。

 

劇団四季ファミリーミュージカル座席表.jpg


詳細はこちら

Juen×Myokoコラボコンサート

上越教育大学大学院修士課程における「課題研究フィールドワーク(学校外)」の一環として、上越教育大学大学院学校教育深化コース(芸能深化・音楽)と連携したコンサートを開催します。

  • 管楽器コンサート/7月23日(金・祝) ※公演終了しました。
  • ガムラン&箏コンサート/9月23日(木・祝) ※公演終了しました。
  • trio d'amore/10月3日(日) ※公演終了しました。
  • 声楽コンサート/11月23日(火・祝)

   ※「声楽コンサート」の詳細はこちら

  • クリスマスコンサート/12月12日(日)

会場=新井総合コミュニティセンター 大会議室

開演=14時30分(全公演)

入場無料

 

 

連携コンサート2021_ラインナップチラシ2_最終校正版_修正1.jpg


詳細はこちら

ワンコインコンサート2021ラインナップ

今年のワンコインコンサートのラインナップが決定しました!今年は「特別編」と前年度新型コロナウイルス感染症拡大により開催延期となったコンサートの振替公演を合わせて7公演です。

 

  • オーボエ・ヴィオラ・ピアノトリオ/ 4月27日(火)19時開演  ※公演終了しました

 元新日本フィルハーモニー交響楽団のオーボエ奏者・七澤英貴さんを中心とした、オーボエ、ヴィオラ、ピアノという珍しい編成のトリオによる室内楽コンサート

  • バスクラリネット&ピアノによるJazz/ 5月16日(日)14時開演 ※公演終了しました 

 新潟市を中心に活動しているバスクラリネットとピアノのジャズユニット「ハルモニア(Harmonia)」/自由奔放なバスクラリネットと変幻自在のピアノの音が調和し奏でるJazzの世界をお楽しみください!

  • フルート&ハープ/ 6月5日(土)14時開演 ※公演終了しました

 多方面で活躍している若山桃子さん、山浦文友香さんによるユニット「Pesca」/フルートの煌びやかな音色とハープの優雅で美しい音色の演奏をお楽しみください!

  • 特別編「昭和歌謡ステージ」/ 6月13日(日)14時開演 ※公演終了しました

 平成生まれの若者には新しく、昭和世代には懐かしい「昭和歌謡&ポップス」を、新潟市を中心に活動している「Cacis」の生演奏でたっぷり楽しんでいただきます! この「特別編」のみ会場が「新井ふれあい会館ふれあいホール」になります

  • サキソフォンデュオ&ピアノ/ 7月4日(日)14時開演 ※公演終了しました

 2012年に「ルーチェ サクソフォーン カルテット」としてワンコインコンサートに出演いただいた渡部瞳さん(妙高市出身)と清田朝子さん/今回はお二人のデュオ演奏をお楽しみください!

  • 弦楽四重奏/ 11月17日(水)19時開演

 新潟県を中心に演奏活動を行っているアンサンブル・オビリー。毎年多彩なプログラムで素敵な演奏で楽しませてくれます。さて、今年はどんなプログラムになるでしょうか!?

  • 古楽器によるピアノ五重奏/ 開催日調整中

 現代のピアノの前身であるフォルテピアノ、ウィーン式コントラバス、ガット弦を張った弦楽器により、19世紀以前の響きを再現するピアノ五重奏団による珠玉の名曲コンサート。※新型コロナウイルス感染症拡大による開催延期の振替公演

 

  • 会場=妙高市文化ホール ホワイエB
  • 入場料=各公演 500円(全席自由・消費税込)

 

 ワンコインコンサート2021_ラインナップチラシ.jpg


詳細はこちら

宮信明セレクション落語会2021ラインナップ

おなじみ宮先生が「間違いなく面白い!」と太鼓判を押す注目の若手による落語会。人気シリーズ第9弾,10弾,11弾!今年も3回開催。ご期待ください!

 

miyanobuaki2021.jpg

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 この原稿を書いている現在(2021.3.13)、東京はいまだ緊急事態宣言が解除されていません。大手を振って寄席や劇場に出かけることも憚られる毎日です。

 昨年度に予定していた宮信明セレクションの落語会も、全3回の内、1回が中止になってしまいました。もちろん、イベントを開催する上でなによりも重要なのは、お客様の安全と安心です。極端に言えば、完璧な安全を求めるのなら、家から一歩も外に出ないという選択になるのかも知れません。しかし、それでは寂しすぎませんか?

 詩人の辻征夫は、「人間とは雑多で豊富な記憶の総体である」と言いました。人間は決して必要不可欠なものだけで形成されているわけではありません。「雑多」な、つまり不必要なものこそ、人間を人間たらしめている核心なのではないでしょうか。必要なものだけで生きていくには、人間の寿命はあまりにも長すぎます。

 この苦境を乗り越えた先に、よりよい未来が訪れることを信じて、いまは2021年度の落語会が無事開催され、皆様にお会いできることを切に願っております。

 

 さて、2021年度の落語会のラインナップですが、今年も3回、 9月26日(日)、11月23日(火祝)、12月25日(土)に開催させていただきます。3回目はなんとクリスマス!

 第1回の出演者は、春風亭一蔵さん、金原亭馬久さん、そして動物ものまねの江戸家小猫さんです。3人とも妙高初登場。落語はもちろん、江戸家伝統の動物ものまね芸もお聴き逃しなく!

 第2回は通算10回目スペシャルということで、春風亭正太郎改メ九代目春風亭柳枝、春風亭昇々、桂宮治の新真打三人会です。現在の若手落語シーンを牽引する3人の真打昇進のお披露目ですので、ぜひ賑々しくおつめかけください。

 第3回の出演者は、柳亭小痴楽さん、入船亭小辰さん、柳家緑太さんです。クリスマスに落語?と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、三者三様の落語で思い出に残るクリスマスになること間違いなし!

 ぜひ1回とは言わず2回、3回と続けて足をお運びください。ご来場、心よりお待ちしております。(宮 信明)

 

※新型コロナウィルスの感染状況により、公演が延期または中止になる場合があります。

 

 

〈第1回〉春風亭一蔵・金原亭馬久・江戸家小猫  三人会 宮信明セレクションvol.9

  • 出演:春風亭一蔵、金原亭馬久、江戸家小猫、宮信明
  • 日時:2021年9月26日(日)14時開演
  • 会場:新井総合コミュニティセンター  大会議室 ※新井ふれあい会館ふれあいホールへ変更になりました。
  • 入場料:大人2,000円、高校生以下500円 ※未就学児の入場はご遠慮ください。
  • チケット発売日:7月25日(日)10時より発売
  • チケット販売所:妙高市文化ホール、ほか予定
  • 主催:(公財)妙高文化振興事業団 

 

ichizo・bakyu・koneko_3shot2021.jpg

 

 

〈第2回〉春風亭柳枝・春風亭昇々・桂宮治  新真打三人会 宮信明セレクションvol.10

  • 出演:春風亭柳枝、春風亭昇々、桂宮治、宮信明

  • 日時:2021年11月23日(火祝)14時開演 

  • 会場:新井ふれあい会館  ふれあいホール
  • 入場料:大人2,000円、高校生以下500円 ※未就学児の入場はご遠慮ください。
  • チケット発売日:9月26日(日)10時より発売予定
  • チケット販売所:妙高市文化ホール、ほか予定
  • 主催:(公財)妙高文化振興事業団 0255-72-9411

 

ryusi・shosho・miyaji_3shot2021.jpg

 

 

 

(第3回)柳亭小痴楽・入船亭小辰・柳家緑太  クリスマス三人会 宮信明セレクションvol.11

  • 出演:柳亭小痴楽、入船亭小辰、柳家緑太、宮信明

  • 日時:2021年12月25日(土)14時開演 

  • 会場:新井ふれあい会館  ふれあいホール

  • 入場料:大人2,000円、高校生以下500円 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

  • チケット発売日:10月24日(日)10時より発売予定

  • チケット販売所:妙高市文化ホール、ほか予定

  • 主催:(公財)妙高文化振興事業団 0255-72-9411

kochiraku・kotatsu・rokuta_3shot2021.jpg

 

 

 

〈出演者プロフィール〉

 

ichizo_cr_2021.jpg

◆春風亭一蔵(しゅんぷうてい いちぞう)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1981年、東京都練馬区出身。2007年8月、春風亭一朝に入門。2008年4月、前座となる。前座名「朝呂久」。2012年11月、二ツ目に昇進。「一蔵」と改名。前橋若手落語家選手権優勝、北とぴあ若手落語家競演会奨励賞受賞など優勝歴・受賞歴多数。「気合い! 根性! ヨイショ!」がモットー。明るく、パワフルな落語で、聴き手をぐいぐいと笑いの渦へと引き込んでいく。

 

春風亭一蔵 公式Webサイト

春風亭一蔵 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bakyu_2021.jpg

◆金原亭馬久(きんげんてい ばきゅう)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1985年、東京都練馬区出身。立教大学現代心理学部卒業。卒業論文のタイトルは「落語から覗く遊郭の世界」。2010年11月、金原亭馬生に入門。2011年5月、前座となる。前座名「駒松」。2015年11月、二ツ目に昇進。「馬久」と改名。ウッドベースのように倍音豊かでよく響くその声が、奥行きのある噺の世界を作り出す。2019年11月には落語家の春風亭一花と結婚、大きな話題となった。

 

金原亭馬久 Blog

金原亭馬久 Facebook

金原亭馬久 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

koneko_2021.jpg

◆江戸家小猫(えどや こねこ)

動物ものまね芸。一般社団法人落語協会所属。1977年、東京都目黒区出身。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。1985年、祖父、父とともに親子三代で初舞台を踏む。2009年、父・四代目江戸家猫八に入門。2011年、二代目「江戸家小猫」を襲名。国立演芸場「花形演芸会大賞」銀賞・金賞・大賞、浅草芸能大賞新人賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞ほか受賞歴多数。曾祖父・初代猫八から続く江戸家伝統の動物ものまね芸をいまに受け継ぐ。

 

江戸家小猫 Facebook

江戸家小猫 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ryusi_2021.jpg

◆春風亭柳枝(しゅんぷうてい りゅうし)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1981年、東京都目黒区出身。明治学院大学文学部卒業。2006年4月、春風亭正朝に入門。同年11月、前座となる。前座名「正太郎」。2009年11月、二ツ目に昇進。さがみはら若手落語家選手権優勝、北とぴあ若手落語家競演会大賞受賞など優勝歴・受賞歴多数。耳あたりの良い声と小動物のような愛くるしい表情、派手で陽気ながらも品のある高座で多くの観客を魅了する。2021年3月、真打に昇進。大名跡「春風亭柳枝」を九代目として襲名した。

 

春風亭柳枝 公式Webサイト

春風亭柳枝 Facebook

春風亭柳枝 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shosho_2021.jpg

◆春風亭昇々(しゅんぷうてい しょうしょう)

落語家。公益社団法人落語芸術協会所属。1984年、千葉県松戸市出身。関西学院大学文学部卒業。2007年4月、春風亭昇太に入門。前座名「昇々」。2011年4月、二ツ目に昇進。渋谷らくご大賞、渋谷らくご創作大賞ほか受賞歴多数。新作から古典まで、独自の「昇々落語」でヒステリックなまでの笑いを巻き起こす。2021年5月、真打に昇進。新作ユニット「ソーゾーシー」の全国ツアーをはじめ、テレビやラジオ、ユーチューブなどで多方面に活躍している。


春風亭昇々 Blog

春風亭昇々 Twitter

春風亭昇々 You Tube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

miyaji_2021.jpg

◆桂宮治(かつら みやじ)

落語家。公益社団法人落語芸術協会所属。1976年、東京都品川区出身。2008年2月、桂伸治に入門。前座名「宮治」。2012年3月、二ツ目に昇進。昇進後わずか半年でNHK新人演芸大賞(落語部門)の大賞を受賞。にっかん飛切落語会最優秀賞(2年連続)、国立演芸場「花形演芸会大賞」銀賞ほか受賞歴多数。無条件に楽しい、サービス精神満点の爆笑派。2021年2月、落語芸術協会所属の落語家としては、春風亭昇太以来29年ぶりに抜擢で真打に昇進した。

 

桂宮治 公式Web サイト

桂宮治 Facebook

桂宮治 Twitter

桂宮治 You Tube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kochiraku_2021.jpg

◆柳亭小痴楽(りゅうてい こちらく)

落語家。公益社団法人落語芸術協会所属。1988年、東京都渋谷区出身。父は五代目柳亭痴楽。2005年10月、桂平治(現・桂文治)に入門。前座名「桂ち太郎」。2008年6月、父の門下に移り「柳亭ち太郎」と改名。2009年9月、父の他界にともない柳亭楽輔門下へ。同年11月、二ツ目に昇進。三代目「柳亭小痴楽」を襲名する。2011年2月、北とぴあ若手落語家競演会奨励賞受賞。2019年9月、真打に昇進。いささか荒削りな芸風ではあるものの、歯切れの良い江戸弁で、聴き手を噺の世界へと誘ってくれる。

 

柳亭小痴楽 公式Webサイト

柳亭小痴楽 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kotatsu_2021.jpg

◆入船亭小辰(いりふねてい こたつ)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1983年、東京都豊島区出身。日本大学芸術学部中退。2008年2月、入船亭扇辰に入門。同年9月、前座となる。前座名「辰じん」。2012年11月、二ツ目に昇進。「小辰」と改名。前橋若手落語家選手権優勝、国立演芸場「花形演芸大賞」銀賞、国立演芸場「花形演芸大賞」金賞受賞など優勝歴・受賞歴多数。前座ネタから大ネタまで幅広い芸域を持つ。将来の名人候補との呼び声も高い古典の本格派。

 

入船亭小辰 Blog

入船亭小辰 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rokuta_2021.jpg

◆柳家緑太(やなぎや ろくた)

落語家。一般社団法人落語協会所属。1984年、大分県玖珠町出身。2009年11月、柳家花緑に入門。2010年5月、前座となる。前座名「緑太」。2014年11月、二ツ目に昇進。2018年、北とぴあ若手落語家競演会奨励賞受賞。落語をラップにした「ラップで落語」(YouTube)や長いマクラが癖になる「おしゃべり緑太の会」(渋谷らくご)が好評を博している。優れたリズム感と高い演技力で、音楽のように心地よい落語を聴かせてくれる。

 

柳家緑太 Blog

柳家緑太 Facebook

柳家緑太 Twitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

miyanobuaki2020.jpg

 

◆宮信明(みや のぶあき)

早稲田大学演劇博物館招聘研究員。1981年、大阪府大阪市出身。慶應義塾大学文学部卒業。立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は、幕末から明治期の芸能及び文化。2016年に開催された展覧会「落語とメディア」では企画監修をつとめた。著書に『昭和の落語名人列伝』(淡交社、2019年)ほか。話芸の変遷や社会と芸能との関わりなどについて研究している。


 

 

 

 

 

 

宮信明セレクション落語会2020ラインナップ チラシ(PDF)はこちら

rakugo_2021_lineup.jpg


詳細はこちら

ストリートピアノ@妙高市文化ホール

ホワイエにあるグランドピアノを開放し、どなたでも演奏していただける「ストリートピアノ」を始めました。次の事にご注意いただければ、どなたでも自由に演奏をお楽しみいただけます。どうぞ、ご利用ください!

  • 開放時間は、月曜日と催し物がある日を除く、9時から16時まで。
  • 必ずマスクを着用し、手洗や手指の消毒をしてからご利用ください。
  • アルコール消毒液が乾かないまま鍵盤に触れると鍵盤が傷みますので、乾いたことを確認してご利用ください。
  • 発熱等の症状がある方は、ご利用をお控えください。
  • ピアノを傷つけたり、壊したりするような演奏はお止めください。
  • 独り占めしないで、順番に演奏してください。
  • 営業目的での使用は固くお断りいたします。

 ※演奏を聞かれる方は、「密」にならないよう、間隔を空けてお聴きください。

 

 

ストリートピアノ.jpg

P_20200625_110426_vHDR_On_HP.jpg


詳細はこちら

オペラ白狐        オフィシャルサイト

オペラ白狐オフィシャルサイトはこちらを クリック

 

白狐2019集合写真トリミング.jpg

 

天皇陛下御即位記念 第34回国民文化祭・にいがた2019 第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会参加事業として、より解釈を深め新たな作品価値の創造を目指して再演いたしました。


詳細はこちら

オペラ景虎        オフィシャルサイト

オペラ景虎オフィシャルサイトはこちらを クリック

集合写真トリミング.JPG

オペラ「景虎」DVD及びBlu-ray Discの実費頒布
 
2018年12月9日に妙高市文化ホールで行われた「オペラ『景虎~海に消えし夢~』」の世界初演の模様を収録したDVD及びBlu-ray Discをご希望の方に実費にて頒布しています。
 
2018年12月9日に妙高市文化ホールで行われた「オペラ『景虎~海に消えし夢~』」の世界初演の模様を収録したDVD及びBlu-ray Discをご希望の方に実費にて頒布しています。頒布を希望される方は、次の要領でお求めください。
 
  • 頒布金額=DVD 1巻2,000円/Blu-ray Disc 1巻3,500円(いずれも製作費と著作権使用料の実費)
  • 頒布場所=妙高市文化ホール内「公益財団法人妙高文化振興事業団」事務所
  • 引渡方法=次のいずれかの方法でお渡しします。

   1) 妙高文化振興事業団事務所で、実費と引き換えでお渡しします。

   2) あらかじめFAX(0255-72-9412)または電子メール(info@myoko-bunka.jp)のいずれかで

    「住所・氏名・電話番号・DVD、Blu-Lay Discの別と頒布希望数量」をお申込みのうえ、

    現金書留または銀行振込で、頒布額と送料の合計額をご入金いただいた場合、郵送にてお送りします。

 ※引渡方法で 2) を選択された場合の送料は…
   2巻まで370円、3巻以上4巻まで520円、それ以上の数量は「宅配便着払い」とさせていただきます。
 
    現金書留宛先/〒944-0046 新潟県妙高市上町9番2号
                  公益財団法人妙高文化振興事業団事務局
 
    振込先口座/新井信用金庫本店(普)0305894
                  公益財団法人妙高文化振興事業団 理事長 入村俊幸

詳細はこちら

妙高市文化ホール指定管理者=(公財)妙高文化振興事業団 情報公開

情報公開財団の概要・電子公告等


詳細はこちら

新潟文化物語

ウェブサイト「新潟文化物語」は、県内の多様な地域文化の継承と活用、そして未来へ向けた新たな地域文化の創造に資することを目的として新潟県が開設しています。

地域文化のデータベース!そしてイベント情報満載です。

今すぐアクセス 

新潟文化物語オフィシャルサイト


詳細はこちら

劇団空志童

ようこそ!

妙高市民劇団 「空志童(ソラシド)です。

フェイスブック soon https://www.facebook.com/劇団空志童

 オフィシャルサイト soon http://blog.goo.ne.jp/sorashido2014

 

劇団紹介

妙高市出身の劇作家 清水邦夫さんを中心としたワークショップ「清水邦夫とあなたがつくる演劇学校」のメンバーを中心に2002年妙高市文化ホール付の演劇ユニットとして発足。

ほぼすべてがオリジナル台本による公演で、当初よりフリーエチュードによる物語づくりとインプロの技法を取り入れた自然で活きの良い舞台、そして、何よりも子供から大人まで参加できるアットホームな芝居づくりを目指しています。

これまでに新井有線放送の落語朗読劇「空志童劇場」の収録や長岡リリックホールで開催される「シアターゴーイング」に参加する等幅広く活動を展開してきました。

現在は、妙高市文化ホールの妙高演劇フェスティバルを中心に年一回の公演を続けています。

 

練習日時

毎週土曜日の13:30~16:30を基本としています。

(状況により変則的になります。詳しくはお問い合わせください。)

 

練習場所

妙高市文化ホール 練習室・舞台

 

参加資格

どなたでも自由に参加いただけます。(市外の方も大歓迎)

一緒に芝居づくりを楽しみ、舞台で輝きましょう! 

 

参加費

大人500円/月・高校生以下250円/月

HP劇団員募集中!.jpgのサムネール画像

劇団空志童公演写真(ブログ用).jpg


詳細はこちら

けやきの森ジュニア&ユース合唱団 団員大募集!

妙高市文化ホールでは「けやきの森ジュニア&ユース合唱団」の団員を募集しています!学校には合唱クラブがないけど合唱をしてみたい!色んな友だちと歌を歌いたい!など、歌や合唱に興味のある皆さんの参加を待ってます!!

「けやきの森ジュニア&ユース合唱団」は「地域型音楽クラブ」を目指した取り組みとして、平成17年より「ジュニア合唱クラブ」として活動を始めました。平成22年4月より活動の幅を広げるべく「けやきの森ジュニア合唱団」として新たな活動を開始しました。今回、団員の参加条件を広げ、名称を「けやきの森ジュニア&ユース合唱団」といたしました。

 地域や年齢の枠を超え、楽しく活動しています。歌や合唱に興味のある皆さんの参加を待ってます!!

 

対象者:小学校1年生~高校3年生の児童・生徒(妙高市以外の方でも参加出来ます)

      ※大学生、専門学校生などの参加希望がありましたらご相談ください。

練習日:毎月3回、土曜日の午後2時から4時 (日程は指導の先生と相談して決定)

会 場:妙高市文化ホール 舞台、新井総合コミュニティセンター 大会議室 など

指導者:上野正人さん(上越教育大学教授) 

参加費:ひとり1ヵ月1,000円 (月の第1回目の練習日に集めます)

その他:演奏会ではユニフォームを着用しますが、ユニフォーム代が別途必要になります。

    また、保護者で作る「保護者会」の会費500円(月額)を別に集金させていただきます。

     

けやきの森ジュニア合唱団&ユース合唱団 参加申込書.pdf

 

KJYC_boshu2013.jpg

 

「けやきの森ジュニア合唱団スプリングコンサート2013」の演奏より

オープニング:この歌を

 

ロビーコール:あすという日が


詳細はこちら